2013年11月13日 (水)

宇宙も青かった ~final sorry~

今までの出会いの中で仲良くなれた人がいるように、これから出会って仲良くなる人もいるだろうし、仲良くなれるはずだけど出会わないままの人もきっといるのでしょう。

そんなごく限られた出会いを人は「縁」と呼びます。

そして「縁」の可能性をちょっとだけ広げてくれる可能性がある宇宙が存在する可能性があるとしたら、「インターネット」がおれにとってのそれなのです。さて、ここでいう「それ」とは何でしょう。(2点)

ネットの端っこで「笑い」を共通の楽しみとする人たちと最初に出会ってから今日まで、早10年以上。まさかこんなにも長く交流を続けられようとは。まさかあんなにもきれいに手羽先の骨が羽ばたこうとは。まさか、お風呂上がりのスッポンポンの後ろ姿をガラガラッと見られることになろうとは。

というわけで、3年連続となるお泊りオフ会に行って来ました。
流れの記録は全部イフさんに任せるとして(楽!)、こんな美味しくて面白い贅沢な時間を過ごせるなんて、「ネット遊びをしてて良かったー!!」って飛行機の窓を開けて言いたくなる想いでいっぱいなのです。飛行機には乗ってないけど。

このようなご縁に恵まれたことを大変感謝いたしますし今後もよろしくお願いいたしますし来年の東京開催はこれ見てるみんなで行きたいね。

そしてそして。そんなネット遊びの一環として2002年から書いてきたこのブログですが、今回のこれをもって無期限の休止とさせて頂きます。

そのうちまた絵日記の軌道に戻れるかなーとぼんやり思ってたのですが、どうにもこの無重力のふわふわした空間からなかなか戻れずにいるもので、考えるのをやめたカーズの気持ちが今ちょっと分かる気がしているのです。
更新を待ってくれている10億3人ぐらいの方にはごめんなさい。8月の更新以降、下書きだけはしてたけど完成に至ってなかったやつを一つ残らず(3つ)アップしておきますので、縦読みしたり反転してみたりして「何もないやん!」ってツッコんで貰えたら幸いです。あと、「tweet_sorry」の方では相変わらずの日常や脳内を140字以内でさらけ出してますので、引き続きそちらを愛して貰えたらもっと幸いです。

最終回にふさわしい絵としまして今までネットを通して仲良くしてくれた人全員を描きたいけど、それは大変そうなので全員を思うだけにしておきます。・・・よし、思った。これから寒くなりますが皆さん風邪など引きませんように。おれは今日、人生初の腹巻デビューをしたので大丈夫です。腹巻の包容力ったら。

131112_2

| | コメント (7)

2013年9月16日 (月)

いつかみんなでとなりの町まで

もっと早く!もっと強く!まだまだ!もっと!そう!そのまま!離すよ!行くよ!はい!いち、に、さん、はい乗れたー!自分で漕げたー!

っていう自転車の練習を、夏休みの暑い時に娘と2人でしていました。

「いち、に、さん、」はその日の最長記録で、「さん」の「ん」でまたすぐにハンドルを持ってあげてます。腰をかがめて横からハンドルを持ちながら一緒に小走りしするのはなかなか大変で、近所の道路を2、3周もしたらもうへとへと。家に戻って飲む麦茶が美味いの何のって。

そんな楽しい苦労で汗をかいた数週間後、すいすい乗れるようになったよーっ!ていう瞬間に立ち会ったのはおれじゃなくてヨメでした。おめでとうございました。

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

スプラッシュ小学生

夏休み前からずーっと約束してたけどとうとう行けなかった25mプールのあるプールに、先週やっと行って来ました。

うちにお住まいの兄妹が1年前から通っているというスイミングの成果を見るために。

泳げるようになったーとは聞いてはいたものの、目の当たりにしてびっくり。

ゆーさんはクロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライでそれぞれ25m泳げるし。さーさんはクロールで12m泳げるし。教室すげえ。教室すげえ。

折りしも時は2020年の東京オリンピック開催が決まったその日。

7年後を目指すか!なんてことを言ってみたくなったのかどうかは、また別の機会に。おれはどれだけ泳げるの?ってのもまた、別の機会に。

| | コメント (0)

2013年8月 8日 (木)

What’s 8分?

ややこしい買取の対応にオクスケと2人で「わー!」ってなってる時に、コミュニケーションがちょっと難しいいつもの人から電話が入ったと思ったらスマホからはビー!ビー!と聞き慣れない音がなって、見たら「地震警報」ってなってて何何何ってなったついでにLINEで届いてたヨメからのメッセージを見たら「近くの競合店が潰れてる?」みたいなんが入ってて、そう言えばまだ終わってなかった買取の対応にわーってなってたら流れてた有線が突然ぶつっと切れて、この短時間にいっぺんにいろんなこと起こりすぎやろ!!!ってなった今日でした。おわり。

| | コメント (0)

2013年8月 7日 (水)

暦の上ではセプテンバー

毎朝「あまちゃん」を観る15分間がおれの元気充電時間になっています。

放送時間が15分しかないってことすら知らなかったし、土曜日もやってるってことにも驚いてしまうぐらい今まで興味が向かなかった「NHK朝の連続テレビ小説」ですが、今回見てみようと思ったのはそう、宮藤さんの脚本だって知ったから。

宮藤さん→木更津キャッツアイ最高!→新しいドラマが何か話題→観る!

5月頃のおれの脳みそを割ったら多分こんな感じの思考回路が丸見えだったと思います。

というわけでそれから毎朝欠かさずアキちゃんや水口さんや副駅長さんやその他全員に癒されているのです。

そんなおれの今の懸念事項は、9月になったら「あまちゃん」が終わってしまうということ。その後どうやって元気を充電したら良いのでしょうか。何しろドラマをちゃんと観るのは「白い巨塔」以来なので、その楽しみが抜けた穴の埋め方が分からないのです。

今のおれは「あまちゃん」がなんだかんだであと5年ぐらい続きますようにと願いながら、今日も眠りに就くだけなのです。翌朝8時の起床を目指して。おやすみなさい。

130807

| | コメント (0)

2013年7月12日 (金)

砂まじりの木曜日

テニスのサークルに入って1年ちょっと。

昨日初めて試合っぽいことをしてみました。そう、昨日やっと。

とりあえず見つかった課題としては、セカンドサーブぐらいはちゃんと入れないとね、っていうかわいいレベルの話ですが。

でもね、楽しかったのよこれが。

運動不足の解消になればと今までポカンポカンと打っていたのですが、練習でポカンポカンするのと試合でポカンポカンするのはやっぱりね、全然違うのです。みんな!練習と試合は、違うよ!と言いたいぐらい違います。

諦めていた向上心とか忘れていた勝負心とか、多分そういうところのスイッチが、「ここにあったー!!見て見てほら、これ、スイッチじゃね?どうする?どうする?・・・・・・押す?」ってぐらいにはなる、そんな感じです。

なので来週からまた一段とヤル気満々マンになってテニス遊びに励もうかと思っているのですがどうでしょう。

とりあえずセカンドサーブぐらいはちゃんと入れられるように!

130712_2

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

D dream believer

<第1章:ゆめみるりある>

気付けば前回の日記から1ヵ月以上。

どうにも更新ペースが上がらない要因は多分、いつでも気軽につぶやけてしまうTwitterとか、いまだに全然飽きないドラクエとか、やること多くて忙しいドラクエとか、あとドラクエとか。

時代が与えてくれる遊び道具は時に心を移ろわせますね。

そんなドラクエの中で出会った人たちと、先日リアルでご対面して来ました。

5月12日。

夢の国、ディズニーランドで。

<第2章:つながるながれ>

10年ほど前にネット大喜利という世界に出会ってから、そこで交流を深めた人たちと実際に会って、離れて、また会って。

同じ楽しみを知る人達と、ネットもリアルも共有できる新しい繋がりになって行く。そんな流れがずっと楽しくて嬉しくて、ドラクエの中でもキャラクターのレベル以外に育てられるものがあるんじゃないんですかと。

ネットによる出会いの良い側面しか知らないタイプの夢見るおじさんなのです。

<第3章:かなえるちから>

浦安でお会いしたのは3家族。

時々となりでドラクエを見てる奥さんと、時々操作を代わって遊ぶ奥さんと、自分もキャラクターを作って遊んでる奥さんと。色々交えた大人6人子供4人で、トム・ソーヤのいかだにゆられてどんぶらこ。

「次は他の仲間たちも一緒に。」

それはいつ叶えられるかも分からない約束だけど、40万人いる冒険者の中で出会ったほんの10人程のコミュニティ。こういうご縁も大切にして行けたらなと思うわけです。

そう、ドラクエ10がずっと楽しいのは、きっと人間が好きだから。ってのはどうでしょう。更新もがんばれ。

| | コメント (0)

2013年4月21日 (日)

小学生理論

130421_4

130421_2_2

130421_3_3

| | コメント (0)

2013年3月19日 (火)

130313

リビングと隣接している脱衣場から、ヨメとSさんの会話が聴こえてきました。

「いつか、ママよりももっとSちゃんのことを好きになってくれる人が現れるかもよ?」

・・・なるほど。母と娘のガールズトークですね。

「いる!S!」「自分かーい!」

・・・なるほど。親子漫才ですね。

「うん!だって・・・じぶんがじぶんをすきにならんと、ほかのひともすきになってくれんもん」「・・・!!」

・・・!!

ありふれてるけど大切な、そんな言葉をまさかこの年齢の人から本人発信で聞かされるとは、パパママビックリ。女の子は成長が早いとはよく聞きますが、なんかもう心の回路として素敵に出来上がっちゃってるような気すらします。

Sさん、7歳の誕生日に発せられたありがたいお言葉でした。

130318

| | コメント (6)

2013年3月10日 (日)

「41歳の春だから」

厄払いに行って来たのです。

おれと同じく今年本厄を迎える中学からの友人けんご(仮名)と、あとヨメと子供と。なんだかそんな流れになったので。

自宅から車で30分ほどの所。地元ではよく知られたその神社に着くと、まず皆が気付いたのは真上の空を舞う大きな鳥たちでした。

「ぐえーーーーっ!!」「ぅえ゛ーーーーっ!!」と競うように奇妙な鳴き声を発する数羽の野鳥。当然のようにおれたちの話題もしばしそちらに持って行かれます。何て鳥かな・・・鳴き声は甲高いマスオさんのような、見た目は鶴にも似たような・・・鳥についての知識は中学生の頃から変わりないおれたちに答えを導けるはずもなく、そのまま受付をするために社務所へ。

出された用紙に必要事項を記入する厄年マン2人。

続けて初穂料を納めようとしている横から、ヨメがどうしても気になったのでしょう、「あの鳥って何ですか?」と受付の人に質問を投げかけます。

返って来た答えは、「サギです。」

その手にお金を受け取りながら「サギです。」と答えさせらる神社の人の気持ちたるや一体どんなもんでしょう。

鳥の名前が判明したことよりも、図ったようなヨメのタイミングの秀逸さにたじろぐおれたちなのでした。

そして無事に一通りのイベントを終えた帰り際。

「そこで驚く!?」ってならずにはいられないタイミングでその特異な鳴き声を空いっぱいに響かせるサギに、その日は何だか最初から最後まで持って行かれたような・・・そんな思い出の1日になりましたとさ。

130309

| | コメント (2)

«振り返ればYがいる