« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »

2003年8月

2003年8月27日 (水)

福井に帰って来ました。
友人の上の子は既に3才。しゃべりまくって動き回っていました。別の友人は10月に出産予定。
そりゃあ年も取るってもんです。おれが今31才なのは誰にも責められる事ではありません。
だから今日付けでうちのヨメが31才になったことも責めないであげて下さい。悪気はないと思うんです。
それに比べてヤツは昨日でちょうど4ヶ月のまだまだ新品。
三百半世紀の記念すべき節目を迎えた事を知ってか知らずか、昨日初めての寝返りを打ちました。おめでとうありがとう。
何、そんな情報はいらない? んん!!喝ーッ!!!! 
頼むから聞いて下さいよ。
そんでね、あれなの。最初はいらないって思ってたんだけども、あまりにもめまぐるしく成長する日々の姿を見ているうちに、どーーしても欲しくなちゃったの。DVDビデオカメラ。
だってある日突然声を出して笑ったり、ある日突然歯が生えかけてたりするんですもの。
で、ここ最近ずっとヤフオクとにらめっこしてたんだけれども、なかなかタイミングが合わないと言うか折り合いがつかないので、満を持して今夜近所のジョーシンに行ってきます。そして買ってきます。
そこで限りなく「防人の詩」風に質問なんですけど、家庭用ビデオカメラで、今夜地球に5万7000年ぶりに大接近するという火星は撮れますか。
火星は~撮れ~ますか。

| | コメント (0)

2003年8月14日 (木)

車を購入しました。
「ラウム」という名のそいつは、めちゃめちゃ人に優しいファミリーカーです。
これを友人に言ったら、
「何か子供が出来て、良きパパを演じてない?」と言われました。
なるほどたしかに、おれが独身だった頃の生活感を漂わせないニヒルなイメージは、今となっては微塵も感じられないかもしれません。
でも昔乗っていた車がスズキのアルトワークス(軽)だったことを考えると、それほどニヒルではなかったのかもしれません。
というか「ニヒル」という言葉から「似蛭田 妖(にひるだ よう)」を思い出してる時点で、生活感どころかおれという人格の80%は既にあなたの手の平の上でコロコロ転がっているのかもしれません。
転がるつながりで誰もがタイヤをイメージしたところでスムーズに車の話へ戻しますが、今まで乗っていた車は、フロントガラスに大きな大きなヒビが入っていたんですよ。
これ要注意。
最初はそれほどでもなかったので放置しておいたヒビが、あいつったらどんどん成長していきやがるのですよ。
下の方から斜め上に、どんどんどんどんと。
何の折れ線グラフかと。
どこまで衰え知らずの右肩上がりやねんと。
んで、そうこうしてるうちに9月に車検ですよこれ。もう否応無しに二者択一ですよ。
(推定)20万払ってガラスを直して車検を通すのか、それを頭金にして買い換えるか。
出した結論が、今年は阪神も優勝することだし、ここはひとつ景気良くバーンと行っとくかと。
そういうこになりまして購入に至ったわけですが、その代償として、今月からバイトくんがいません。毎日10時間カウンター内に1人きりなので、トイレに行く事もままならない日々です。
題するなら、「ニヒルなおれの尿グラフはいつだってウナギ昇り」。 サンキュー。

| | コメント (0)

« 2003年7月 | トップページ | 2003年9月 »