« 小学生理論 | トップページ | 砂まじりの木曜日 »

2013年5月25日 (土)

D dream believer

<第1章:ゆめみるりある>

気付けば前回の日記から1ヵ月以上。

どうにも更新ペースが上がらない要因は多分、いつでも気軽につぶやけてしまうTwitterとか、いまだに全然飽きないドラクエとか、やること多くて忙しいドラクエとか、あとドラクエとか。

時代が与えてくれる遊び道具は時に心を移ろわせますね。

そんなドラクエの中で出会った人たちと、先日リアルでご対面して来ました。

5月12日。

夢の国、ディズニーランドで。

<第2章:つながるながれ>

10年ほど前にネット大喜利という世界に出会ってから、そこで交流を深めた人たちと実際に会って、離れて、また会って。

同じ楽しみを知る人達と、ネットもリアルも共有できる新しい繋がりになって行く。そんな流れがずっと楽しくて嬉しくて、ドラクエの中でもキャラクターのレベル以外に育てられるものがあるんじゃないんですかと。

ネットによる出会いの良い側面しか知らないタイプの夢見るおじさんなのです。

<第3章:かなえるちから>

浦安でお会いしたのは3家族。

時々となりでドラクエを見てる奥さんと、時々操作を代わって遊ぶ奥さんと、自分もキャラクターを作って遊んでる奥さんと。色々交えた大人6人子供4人で、トム・ソーヤのいかだにゆられてどんぶらこ。

「次は他の仲間たちも一緒に。」

それはいつ叶えられるかも分からない約束だけど、40万人いる冒険者の中で出会ったほんの10人程のコミュニティ。こういうご縁も大切にして行けたらなと思うわけです。

そう、ドラクエ10がずっと楽しいのは、きっと人間が好きだから。ってのはどうでしょう。更新もがんばれ。

|

« 小学生理論 | トップページ | 砂まじりの木曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小学生理論 | トップページ | 砂まじりの木曜日 »