« 宇宙も青かった ~final sorry~ | トップページ | 山と梨のある風景 ~オフレポ2017.8~ »

2017年3月22日 (水)

LOVE 伊豆 ALL ~オフレポ2017~

プロローグ1:前前前夜

部活のスケジュールが奇跡的に理想通りになって、無事一緒に参加出来ると喜んでいたUさんが出発4日前にまさかの発熱。
同行を諦めた場合の最善かつ苦渋の選択を迫られる両親を横目に、一晩で平熱を取り戻す息子の勇姿ったら。
無事4人全員で参加出来ると喜んだ安堵の夜・・・それも前フリに過ぎなかったとはまだ誰も知らずに。

プロローグ2:前夜

いよいよ明日は静岡へ!という日の朝、Sさんが頭痛と腹痛を訴え学校へお休みの連絡をする事態に。
情報と状況を整理するにつれ友達からインフルを貰った可能性と絶望感が我が家を襲う。もはや同行は不可と判断し、最善かつ苦渋の選択を迫られる両親(2回目)を横目に、昼を過ぎても熱が上がらないどころか夜には元気に飛び跳ねている娘の勇姿?なにこれ?
念のために出発当日の朝診察に行ったらインフルは陰性で、本人が言うには「楽しみ過ぎて楽しみ熱やと思う」って。
出発前の二転三転が忙し過ぎる。

プロローグ3:前前前前前前夜

参加してくれたら一緒に楽しめそうな人に衝動的に打診してみたくなる病が発症し、twitterと大喜利とスプラトゥーンでお世話になっている梅ぼしさんに参加のお伺いを立てて見る。さすがに急過ぎたので参戦は無理だったけど、代わりに大喜利のお題とオフレポの指令をやんわり頂く。
いい機会だし数年振りにブログを更新してみようと決意したので、おれ今からオフレポ書きます。他にも書いてくれそうな参加者さん達もちょっと道連れに。

オープニングテーマ

第一章:知多豚とチョコレート工場

舞台は富士山を望めるコテージ「伊豆アモーレ」。
今年で早くも7年目となる年イチ行事、「家族連れお泊り観光大喜利オフ会」の今回は、静岡県にある愛情たっぷり溢れてそうな名前のログハウスでの開催でした。
愛情も歯ブラシも調理セットも何から何までたっぷりと用意されていた暖か空間で、持ち寄った具材と飲み物によるチーズフォンデュ&チョコレートフォンデュ&知多豚のしゃぶしゃぶ大会。酒池肉林てこれの事でしょ。
チーズを付けてはガスさんを弄り、チョコを付けてはわぺさんを弄り、豚をほうばってはアンテナさんを弄り。具材も素材も人材も、みんな違ってみんなオイシイ。

1490107260797 1490107261487 1490141166115_2  

第二章:本の名称を決めまSHOW

大喜利遊びをしながら思ったことは、おれもうこの人たちをただただ観覧していたい。
ネットで見ているクオリティを遜色なく見せてくれたシャアさん。
みんなが考えてる間も次々と回答を繰り出してくれたサムチョさん。
長らく離れてるなんて言いながらその感性ズルいよズルい名称さん。
プレイヤーも司会もこなすチャンピオンと言えば何色?土色!のツッチー。
あと今回の大喜利は女児3名の参戦率が高かったのが印象的で、この集まりが将来にどんな影響を与えて行くのか学会は発表したらいいと思う。
そして時刻も2時を回った頃からそこにいる名称さんの存在ごとツボにハマった土嫁さんが、しばらく笑いが止まらなくなったことも学会は研究発表する価値あると思う。

1490107261286

1490107261359_2

第三章:右の窓から見える富士

朝。隣で寝ていたUさんの「わあー」で目覚める。どうやらすぐ横の掃き出し窓の向こうに富士山が見えているらしい。寝ぼけ眼でどこどこと左の窓を探すおれに「見る方向!」と突っ込む13歳。

1490107261074

第四章:アシカの姿を借りた神様

色んな場面に色んなかたちで隠しメッセージのように溢れていた今回のテーマ。
それはコテージの名前が示唆していたり、アシカが筆で文字にしたり。
愛と書いてアモーレと読むんだねと思えれば、道に落ちてた椎茸もハートの形に見えるはず。

1490136355369

第五章:うた時々らくがき

この面子でカラオケ屋に入るのって初めての展開。しかも手に持つのはスケッチブックじゃなくマイクという、正しいカラオケ屋の使い方。楽しく歌ったり聴いたりシャア夫妻の歌声に惚れたりシャア夫妻のデュエットにプロかなって思ったりシャア夫妻のCD発売を希望したりする時間を過ごす。歌っていた曲名そのままに、「とびら開けて」他のお客さんにも聴かせたかった。

1490136355278

第六章:麻婆豆腐が辛かった

ご当地の有名ハンバーグ店がまさかの3時間半待ちという異次元を垣間見たアモーレ御一行は、露天感漂う店内に中国語が飛び交う、別のタイプの異次元へと到着。毎度の事ながらあっという間の二日間の最後もやっぱり、お腹いっぱい夢いっぱいで締める事が出来ましてシェイシェイ。
あとその場所が「ごめんね青春」の舞台になった三島市と知って感激したのはうち夫婦だけでしたが、だってほら!みしまるくんやで!

Img_20170319_200316_2

第七章:名残は惜しいが時は来る

店を出ると突如現れた小さな2人組「with P」に、大人たちが順番にターゲットにされながらのお開きタイム。
次はいつかな。どこかな。
旅行なんてただでさえ楽しいもんなのに、こんなそれぞれに尊敬できる人たちとご一緒出来て美味しいもの食べられるなんて嬉し過ぎるに決まってるじゃない?
今回も皆様ありがとうございました。残念ながら欠席だったガス夫妻と布さんも、次回は是非with Pの二人に手を繋がれたら一緒にぴょんぴょんジャンプするという楽しいルールを適用されましょう。ツァイツェン。

1490107261429

3月26日追記

同じ行程を違う視点から記すとこんなにも面白い!センス爆発の3名様のオフレポとかはこちら達!

サムライショップさん
IS(伊豆オフ1)」「ARE(伊豆オフ2)」「WILL(伊豆オフ3)

シャア専用婦人服さん
とびら開けて、すぐに閉めて(伊豆オフ)

名称未設定さん
サイレントヒル

|

« 宇宙も青かった ~final sorry~ | トップページ | 山と梨のある風景 ~オフレポ2017.8~ »

コメント

お疲れ様です。
久々の日記、久々の似顔絵。どこかのブログと違って温かみがあっていいですね。

あと、オープニングテーマ…!あれ録音しておいて流せれば最高ですよね、次回も行程にカラオケ入れてこっそりやっちゃいましょう。

事後承諾になりますが、伊豆3の最後にこのページのリンク張っちゃいました。まずかったら言ってください。

投稿: サムライチョップ | 2017年3月22日 (水) 18時57分

お疲れ様です!もしもおれが毎年書いてたらだんだん行数が半分の半分の半分てなってくかもしれません。毎年更新ありがとうございます!リンクもありがとうございます!

こっそり大作戦いいですね。
こっそり録音して、こっそりCDにして、こっそりうちの店に陳列しよう。

投稿: ごまぱん | 2017年3月22日 (水) 19時12分

Finalから久々にまさかの更新!コレは歴史的な瞬間と言っても過言じゃない!気が!

毎回の素敵愉快な時間ですが、各々が微妙に遭遇、発見する面白現象が違っていたりもするので、こうしてちゃんと記録に残しておくのは良いかもしれませんねー。
今回は不参加でしたけどー。

投稿: ガス電池 | 2017年3月22日 (水) 20時07分

あらもったいないお言葉!ありがとうござい!ます!!
ガス電池って表記も久々にちゃんと見れた気がするので書いて良かった!

書きながらとか読みながら余韻を長続きさせる効果もあるので、次回はみんな書きましょう。

今回はガスさんがいなくて寂しかったけど、みんなのオフレポを読み切ってからさも一緒にいた体でガスさんもオフレポを書いてくれたら寂しさもやわらぐ気がします。

投稿: ごまぱん | 2017年3月22日 (水) 21時22分

やっぱりごまぱんさんの絵のタッチは癒されます。既に薄れかけていた思い出が読み進める毎に鮮明に蘇ってきたので、二度楽しめでお得ですね!
ガスさんの妄想オフレポも楽しみにしています!(笑)

投稿: あーたん | 2017年3月23日 (木) 12時12分

恐縮です!息子から「この人は似てる、この人は似てない」というチェックを頂きました。

あーたんも最近ブログ書いてないけど、いつでも更新待ってるしオフレポ書いてくれてもいいのよ!
なんならシャアさんと会話形式で進むタイプのやつとかでも!

あとガスさんの妄想オフレポも楽しみにしています!(真)

投稿: ごまぱん | 2017年3月23日 (木) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇宙も青かった ~final sorry~ | トップページ | 山と梨のある風景 ~オフレポ2017.8~ »